Super Doppler 2000 首都圏レーダーの運用開始

2000年4月19日

4月19日郵政省から正式に免許を受けたデジタルウェザープラットフォーム(株)は5月11日午前10時から大島レーダーサイトの開所式典を地元大島町で開催した。大島町の自治体・消防・警察・水産関係者及び工事関係者約40名を迎え、盛大に執り行われた。式典は、レーダーサイト局舎前で、藤井大島町長とデジタルウェザープラットフォーム(株)の瀧本社長の2名のテープカットに始まり、安全祈願、来賓の挨拶等があり地域と一体となった雰囲気の中、無事終了した。その後、参列者にレーダーのお披露目が行われ、半径480kmのレーダー運用のデモンストレーションなどを熱心に聞き入っていた。特にこのレーダーは、設置までの経緯で地元からの署名活動付きという後押しがあった特殊のケースで、現実となったレーダーサイトに対する地元期待の大きさを感じた。
祈願祭終了後、会場は大島町役場に移り、式典に参列された方々に対し報告会が行われ、各方面から期待の意見が寄せられた。気象情報を地域に利用してもらい、防災・一次産業等に結果を反映するという瀧本社長の言葉に対し、藤井大島町長から地元との連動も含めたご支援をいただくという地方自治体と民間の気象会社との深いつながりが感じられる報告会になった。(下記の写真参照) 海洋国の我が国で、このような離島に設置される大型レーダーは前例が殆どなく今後、農林水産・救急患者輸送・海難事故等に大きく貢献することが期待される。


 

 

 

株式会社ビエント
株式会社ビエント
東京都新宿区愛住町1番地

株式会社ビエントエムピーディー
東京都新宿区大京町14番地
info@vento-mpd.co.jp